日日是今帳…7月17日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今日もはてさてどうなるのでしょうかという雲行きの読めない里山の空です。日が照るでもなく雨の気配もなかったので、9時頃から畑仕事にかかりました。例のポットの苗が南に向かって細い首を伸ばしているのを通りかかりに見るたびに、無言のプレッシャーを感じていました。明日できることは今日やらないギリギリ人間の私もさすがにそのプレッシャーからは逃れられず、朝から鍬を手にヒビコレ畑へ。もう区画一杯に作物が植わっている囲いの北端に超無理無理のもう一畝。建築法とかだと絶対に違反になる造成(汗)逆境に耐えてきっとたくましく育ってくれるに違いないと自分に言い聞かせて。今のところ他の作物たちも順調の様です。写真はオクラの花。赤ちゃんオクラもいくつか出来てきました。昨年のヒビコレプチ農園で二本のオクラの苗から二つしか採れなかった苦い思い出があります。今年は既に三つ以上実がついているので、収穫記録更新が期待できそうです(笑)

2021年7月17日

薄紙を 丸めた如し オクラ花

前の記事

日日是今帳…7月14日

次の記事

日日是今帳…7月19日