日日是今帳…2月22日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

いったいどれくらいの温度差があるのだろうと思ってしまう先週の凍てついた日々と今週末からの春めいた日々。暖かいのはありがたいですが、花粉も元気に活動を始めたようで絶賛くしゃみ中(笑)花粉だけではなく他の植物たちも春に向けて動き出しています。散歩中に小さな土筆の頭を見つけたり、ヒビコレの塀の下にフキノトウを見つけたり。フキノトウを見つけるのは多くても一日二、三個。しっかり探しているつもりでもしばらくするととうの立ったものがニョキッと姿を現して、こんな所にあったのか〜と。最初の一つを見つけて十日ほどたちますが、総収穫量は六個。採ったら早く食べないと痛むので、一、二個を刻んで玉子炒めに。程良い苦味が美味しい早春のひと品をありがたくいただいています。数があればフキ味噌なども作ってみたいですが、玉子炒めの方が失敗の確率が低くて良いかもしれません(笑)

2021年2月22日

フキノトウ 枯れ草の上 日向ぼこ

前の記事

日日是今帳…2月18日

次の記事

日日是今帳…2月23日