日日是今帳…6月20日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

以前のブログでヒメシャラの花のことをアップしました。まだ花は残っているものの盛りは過ぎて石畳の上にたくさんの落花があります。庭掃除をしていないのがバレバレですが(汗)今日はその向かいにあるシャラの樹がテーマです。シャラは日本の気候では育たないので正式にはシャラではなく夏椿だそうです。ヒメシャラに比べて花も葉も大きく、シャラとヒメシャラという名前の付け方に合点がいきます。シュッと伸びた幹に枝葉がギュッと密集するヒメシャラとゆったりと枝を広げるシャラ。樹形も異なるのですが、それはたまたまヒビコレ庭の立地条件によるものかもしれません。葉っぱだけだったシャラの樹に丸い蕾がついているのに昨日気づきました。大きなビー玉サイズで少しグレーがかった光沢がありまるで真珠のような蕾でした。そして今朝庭に出るともう三つ四つ開いていました。毎年花は見ているのですが蕾を意識したのは初めてのような気がします。これまでいったいどこを見て歩いていたんだと突っ込みたくなりますが、今年は花が開く前に気づいたので私にとっては大きな進歩ということにしておきましょう(笑)

2022年6月20日

夏椿 真珠開いて 花と化し

前の記事

日日是今帳…6月19日

次の記事

日日是今帳…6月21日