ヒビコレ今帳…7月13日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

ゆっくりと時間がとれた朝なので久しぶりにアップ。食と環境によるアレルギーや自然エネルギーの問題点などのお話を聴きに行ったりしている間に、気づけばもう7月も半ばに。月の初め頃に花をつけ始めたノウゼンカズラが満開になっています。南の国を彷彿させるこの花には、やはり青空が似合います。花を眺めながらふと脳裏に蘇ったのは、ネオニコチノイド系の農薬で60,000匹のミツバチが大量死したという記事。世界的に増えた太陽光発電や風力発電による気候の変動。ミツバチだけではない生態系の崩壊。今、私が見ている世界はこんなにも美しい。ただ、この世界を子どもたちに残したい。花が咲き、蛙の声や虫の音が聴こえる今日も好日です。

2018年7月13日

夏花に とこしえあれと 祈る朝

ノウゼンカズラ

前の記事

日日是今帳…6月22日

次の記事

hibicore今帳…7月28日