日日是今帳…1月24日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

予想外の雪で(単に天気予報を知らなかっただけ?)今朝はどうなっているかと思ったのですが、家の前を通る国道はすっかり雪も溶けていつもの様に車が走っています。散歩道も先日の雪の朝の様に凍ることもなく、普通に歩ける状態でした。道路脇に積もった雪を見ながら、どうして雪の粒がキラキラ輝くのだろう?犬はどうして冷たい雪の中に鼻を埋めるのだろう?などと思いながら歩く朝。タイヤの跡、誰かの靴底の跡。毎朝通る散歩コースが、雪が積もっただけでワクワクする道に様変わり。わざとまだ誰も踏んでいないフカフカの雪の上に、自分の足跡を残してみたり…大人も少し子どもに返る(笑)生活リズムが崩れたり、大変な面もありますが、このワクワク感もたまにはいいかなと思ったりします。写真は昨夕の雪の中で撮ったヒビコレシンボルツリーのケヤキとエノキ。久しぶりに枝が華やかになりました。

2017年1月24日

今日だけの 白き葉まとう 冬の枝

雪の樹

 

前の記事

日日是今帳…1月23日

次の記事

日日是今帳…1月25日