日日是今帳…12月23日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

冬至明けの朝は雪景色から始まりました。県内各地で積雪が見られ、多い所は何㎝か積もったようですが、ヒビコレの周りは薄っすら雪化粧といった感じでした。冬至の昨日も雪こそ降りませんでしたが、時折パラッときたり曇ったりのお天気でした。そのおかげで虹を見ることができましたが。今週、スタッドレスタイヤに履き替えたので雪装備はできていますが、できれば雪道の運転はしたくないものです(汗)寒さが厳しくなって紫陽花のような葉の柔らかいものはすっかりしおれてしまいました。ついこの間まで元気だったプランターの里芋の葉もクシュっとしてしまったので、そろそろ掘ってみようかな。多分芋はできていないと思いますが(笑)この寒さの中で雪を被りながらも元気なのは千両や万両。植物も個性が色々あるなと思いながら庭を眺めていました。キンとした冷たさに体が縮こまってしまいがちですが、これから日も長くなっていくので気分だけは伸びやか。写真は雪庭の石臼。餅の代わりに白い雪が入っています。白餅というよりは玄米餅のようですが(笑)

2022年12月23日

冬至明け 白き朝から 始まりぬ

前の記事

日日是今帳…12月18日

次の記事

日日是今帳…12月26日