日日是今帳…8月15日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

庭に今日の写真を撮りに出たら役場からの放送が入りました。正午の終戦の日のお知らせでした。それを聴きながら撮った写真が、緑の樹々を背景に凛と立って咲く二つの高砂百合。77回目の終戦の日です。以前は太平洋戦争は遠い昔の出来事のように感じていました。昭和36年、1961年に生まれ育っていく中で、戦争というのは過去の歴史の一つという感覚でした。親を含め戦争体験者は身近にたくさんいたし、神社などで傷痍軍人の姿を見かけることもありましたが、自分とその戦争との間には長い時間が流れていた感覚でした。十年くらい前に、終戦が自分の生まれるほんの16年前だと改めて気づいた時に、その距離感が一気に縮まりました。生まれる16年前まで戦争があり、その時に祖父も戦死したんだなぁと思うと不思議な気持ちでした。仏壇の遺影でしか知らなかった祖父の存在も身近に感じました。終戦の日は本来は降伏文書に調印した9月2日なのではないかという話もあるそうですが、お盆でご先祖を想うこの日がよいのかもしれません。いつもと違う『(笑)』のない今帳でした。本日はお盆モードということで、また次回からはずれずれなるままになります(笑)

2022年8月15日

白百合が 終戦の日に 凛と咲き

前の記事

日日是今帳…8月13日

次の記事

日日是今帳…8月16日