日日是今帳…5月1日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

5月の朔日です。朔日とキーを打つといつも赤福の朔日餅が頭に浮かぶので「5月はなんだっけ?」とググってみたら柏餅でした。ずいぶん昔ですが会社勤めだった頃、毎月伊勢まで買いに行ってくれる同僚のおかげで月ごとのお餅を楽しませてもらっていました。そういえば最近食べていないなぁ(笑)端午の節句に欠かせない柏餅とちまきですが、節句を祝ってもらっていた頃はちまきよりあんの入った柏餅の方がテンションが上がったのを覚えています。そしてこの時期ならではのもう一つのお餅がいばら餅。田植えのシーズンに従妹の家で叔母さんが作ってくれるいばら餅を食べるのが楽しみでした。花より団子になってしまいましたが、今日はアザミのことを書く予定でした(汗)今年は駐車場にたくさんのアザミが生えたのですが、昨日きれいに草刈りをしてもらったので残っているのは庭のこの一株。アザミの花は好きなんですが葉っぱのトゲトゲが痛いのです。ちなみに『美しい花なのに近寄ったらトゲが痛くて欺かれた』というのでアザミという名が付いたという説もあるそうです。餅について書きすぎたのでアザミについて書くスペースがなくなりました。今日のところはこの辺りにしておきましょう(笑)

2022年5月1日

寄り難し 薊の花の 凛と立ち

前の記事

日日是今帳…4月29日

次の記事

日日是今帳…5月2日