日日是今帳…10月6日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

日々は目まぐるしく過ぎて行きいつも何かに追い立てられている感覚があります。学校を卒業していわゆる大人になってから、ずーっとそんな風に生きてきたような気がします。半世紀以上も生きているのだから、そろそろ自分の行動パターンやリズムを把握して余裕のあるスケジュールを組めば良いのですが、グーグルカレンダーが空白だと大丈夫、なんとかなるとお楽しみ予定を入れてしまいます。このスケジュールでこなせるんか?私?と思いますが大抵のことはなんとかなります(笑)ただ、なんともならないのは自然相手の時。放任主義を貫いている庭の植物たちは自力でなんとかなってくれていますが、畑はそいういうわけにはいきません。オクラの収穫が終わってから足が遠のいていた畑は猫じゃらし天国に。十日ほど前にご近所さんから大根の種を分けていただいたので、早く蒔かねばと思いつつ今日まで引っ張っていました。しかし作物には蒔き時というものがあるので一念発起。お昼前に猫じゃらしに退去いただいて畝を再生し種を蒔きました。初めての大根、ええ加減農法で芽が出てくれるでしょうか。写真は塀を取り払ったので光を浴びてのびのびと育っている南天(笑)

2021年10月6日

ふろふきを 思い浮かべて 種を蒔く

前の記事

日日是今帳…10月4日

次の記事

日日是今帳…10月9日