日日是今帳…6月26日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨夜は満月。厚い雲に覆われていたので見えないかなと思っていましたが、夜遅くに雲の切れ間から美しい月が姿を現してくれました。数分突っ立って月を眺めながら考えていたのは昼間の環境活動家谷口たかひささんの講演内容のこと。気候変動が急激に進む中、あと数年をどう生きるかが私たち地球に住まうものの運命を決めるというお話。里山の夜はまん丸のお月様に照らされながらいつもと同じように静かに眠っている。昼間観た映像と目の前に広がる世界との間にギャップを感じながらも「知ったからには動かねばね」と月に独り言。今日の写真は門の紫陽花。6つ花が咲いているだけだけれど、これでも今年は花数が多い方かも(笑)庭の中には私の背丈ほどの紫陽花があるのですが今年は一つしか咲いていません。これは気候変動の問題ではなく、私の手入れの問題でしょう(汗)

2021年6月26日

ひふみよと 紫陽花の花 咲いている

前の記事

日日是今帳…6月24日

次の記事

日日是今帳…7月4日