日日是今帳…3月13日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

青空が少し顔をのぞかせたので、これから晴れるかなと思ったらまたグレイな空に逆戻り。なんとも悩ましいお天気です。でも今日は洗濯をしなかったので、それほど熱心に晴レルヤコールはしていません(笑)先日の水道管漏れによる自主的断水生活をきっかけに、洗濯の頻度も見直すようになりました。肌着は別として、これはもう少し着てから洗おうとか、この量だったら明日まとめて一回で洗えるとか考える習慣がつきました。朝起きたら洗濯機のスイッチをスタートさせるというルーティーンが当たり前になっていたのに気づくと、日常の他の部分でもなんとなく習慣で行っているパターンの多いことにも気づきました。家計のためにはもちろんですが、洗濯回数を減らすことは自然への負荷を減らすことにも繋がるように思います。写真はお昼に買い物から戻ったら縁台に鎮座していた野菜です。ご近所の方からと思いますが贈り主は不明。散歩で出会ったら「大根と人参置いといたでな〜」と主が声をかけてくれるかもしれません。

2021年3月13日

大根の 肌たるみきて 春近し

前の記事

日日是今帳…3月12日

次の記事

日日是今帳…3月19日