日日是今帳…1月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝カーテンを開けると、外に薄っすらと霜の様なものが降りていました。朝といってもゆったり目の時間なで、早朝にはもう少し霜があったのかもしれません。犬の散歩に出かけると、近所の畑の溜め水に氷が張っていました。やはり今朝は冷えた様です。先週の月曜日が寒の入りを意味する二十四節気の小寒、そして来週の月曜日が最も寒い時期を表す大寒。暦の上ではこれからが寒さの本番といったところでしょうか。暖かいのは過ごしやすくて良いのですが、冬ならではの凛とした冷たい世界もちょっぴり恋しかったりします。とか言いつつ、寒くなったら今度は、暖かい方がいいなとかつぶやきそうですが(笑)写真は朝の光が当たる玄関横。いただきものの鹿の角が不思議なオブジェとして鎮座しています。お守りになるのかなあ?

2020年1月14日

温い冬 寒に入れども 凛とせず

鹿

前の記事

日日是今帳…1月13日

次の記事

日日是今帳…1月17日