日日是今帳…1月16日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

北のほうに比べて雪の少なかったヒビコレ界隈ですが、朝は田畑に雪が残っていました。雪が降っている時の白と、晴れた時の白と同じ雪なのに色も表情も全く異なります。雪雲の下の雪には風情を感じ、青空の下の雪にはキラキラとした美しさを感じます。8時台に犬の散歩に出てみましたが、まだ道が凍っていて油断をするとツルリと滑りそうになり、ソロリソロリと道を選んで歩きました。以前冬の北海道に行く予定でスパイク付きのブーツを買いました。でも行けずじまいで使う時もないままだったのを散歩の途中で思い出し…こんな時に使わなくていつ使うの〜〜!と一人ツッコミをしておりました(笑)裏の細い道には、鹿と思われる足跡がクッキリ残っていました。庭の雪もほとんど溶けてきましたが、定点観測の石臼には分厚い氷が張っていました。子どもの時だったら、取り出して『大っきなレンズ〜〜!』とか言いながら溶けていくのを楽しんだんでしょうね。今は、氷水に手を入れる気にもなりませんが…。

2017年1月16日

白銀に 足跡残る 散歩道

氷うす

前の記事

日日是今帳…1月15日

次の記事

日日是今帳…1月17日