日日是今帳…8月23日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今帳に書く内容を前日から温めていることもあれば、何もネタを持たずにパソコンの前に座ることもあります。写真を撮る時にその対象に紐づけして話を膨らませるパターンもあります…。ここまで文章を引っ張ってきたので今日は手ぶらの日。ところが下旬に書きたいと思っていたことを調べてみたら、それが行われるのは今日だったのでそのネタで(笑)年の近い従兄妹が同じ津市内に住んでいてお盆の時には私の実家に来て、夏休みの終わりの今頃に私がその家に遊びに行っていました。市内でも田舎の方だったので川遊びなどいろんなことをして楽しみました。そんな中で私の記憶に残っているのが地蔵盆です。お盆も過ぎ少し涼しくなった夜道を歩いて、お地蔵さんが祀られている橋の辻までお参りに行きました。道沿いに吊るされた提灯の灯や地蔵堂にお供えされた白いお団子。子ども心に夏が終わる寂しさをちょっぴり感じていたように思います。地蔵盆の由来もなかな興味深いのでまたググってみてくださいね。ちなみにこの記憶は私の小説の中に織り込みました。写真は門のツタアート。見事なほどにまっすぐに生えているので抜かずにおきました(笑)

2022年8月23日

地蔵盆 明かり灯るも うら寂し

前の記事

日日是今帳…8月22日

次の記事

日日是今帳…8月24日