日日是今帳…7月14日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は窓を開けておけば扇風機も必要ない一日でした。今日もそんな日になるのでしょうか。雨がポツリと落ち始めたので蒸し暑い日になるのかもしれません。昨日のお昼前に頼んであった書籍が届いたので、夕方までに一気読みしてしまいました。涼しかったので途中頭がオーバーヒートすることもなく休憩なしに読破。内容を深く把握したい時にはノートを取りながら読むことがあるのですが、久しぶりにノート読書をしました。読んだ書籍はヒビコレ図書コーナーに並べますが、基本的に変な本が多いです。好きな人は好きかもしれませんが(笑)写真はメダカ鉢。このところの雨で水をたっぷり蓄えています。水が溢れてメダカが流れ出してしまわないのかと思うのですが、今朝もぷっくりと肥えたメダカが泳いでいたので、流されない知恵を持っているのかもしれません。中央に立っているのはトクサですが、前方のシダの主張が強すぎて影が薄いように見えます。いつからここにメダカがいたのか記憶にありませんが、越冬、産卵を繰り返し命が受け継がれているようです。生命循環の縮図、ヒビコレビオトープでした(笑)

2022年7月14日

水輪を 生むはメダカか 雨粒か

前の記事

日日是今帳…7月13日

次の記事

日日是今帳…7月18日