日日是今帳…3月30日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

このところお天気がころころと変わります。暖かいんだか寒いんだかと着る物に悩む日々。そんな三月の最終週、あちらこちらで桜の開花が進んでいるのを目にします。ヒビコレ門の桜も先週末頃からポツポツと咲き始めたようで、月曜日に開花に気付き写真を撮りました。もうすでに幾つも花がついていたので、この春も一つ目を見過ごしました(笑)そして過去歴によると前回の桜アップが3月の29日で、同様に開花の瞬間を見逃したと書いています。毎年同じ繰り返しで進化が無いようです(汗)桜といえば小学校の校歌が『桜は匂う』という出だしで、歌詞のとおり校舎の周囲の林間には大きな桜の樹がたくさんありました。その頃から半世紀以上いろんな場所でいろんな桜を見てきましたが、これから先どんなところでどんな桜を見る機会があるのでしょうか。あと何回桜の春を迎えることができるのだろうかとも思うお年頃でもあります。いつか終わりが来るから今日というこの春の一日を大切にしようと思えるのでしょうね。ということで今日も好日(笑)

2022年3月30日

過ぎし日の 想い出ほろり 桜花

前の記事

日日是今帳…3月22日

次の記事

日日是今帳…4月1日