日々是今帳…12月6日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

12月2週目の始まりは雨。土日にgallery0369で寺本美穂さんの『たゆむまち』展が開催されましたが、両日お天気にも恵まれて来場者でにぎわいました。寺本さんの写真は日々どこかで目にしている何気ない風景を切り取っていますが、そこに置き去られたものや忘れられているものたちへ向けられた眼差しが優しくて、観る者の心をほっとさせてくれる印象を受けました。写真展は11日と12日の土日も10時から18時まで開催しています。この今帳には私がスマホで撮ったヒビコレ界隈で見つけた植物や生き物、風景をアップしていますが、文章を書くための被写体を探して撮ったものと写真で記録に残しておきたいなと思って撮ったものがあります。今日の写真はきれいだったから残しておきたくてパチリと撮ったもの。昨年の今頃もアップしたのですが既に名前を忘れたので、検索したらフユイチゴでした。犬小屋に行き来する時に二つ三つつまんでお口にポイっと。小さいけれど甘味があって美味しいのでちょっと幸せになります。こういうのを幸福感の感度が高いというのか?低いというのか?どちらでしょう(笑)

2021年12月6日

冬苺 小さき赤の 贈り物

前の記事

日日是今帳…12月2日

次の記事

日日是今帳…12月7日