日日是今帳…11月8日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

曇り空に雨がぱらつきおまけに冷たい風が吹き…一気に晩秋の感が増した週の始まりです。お日様の光が弱まると周りの景色がグレイに染まるのが不思議です。物質はそのものが色を発しているわけではなく光を反射することで色を存在させているので(と学んだような気がするけど合っているのかなぁ)光源によって物の色や明るさが変わるのは当たり前のことなのですが、感覚的には一つ一つのものが色を持っているように捉えているので不思議に感じるのでしょうね。不思議に思うことがもう一つあり、同じようにお日様が照らしていても夏なら半日足らずで乾く洗濯物がこの時期だと乾かなくて、どちらかというと風の力で乾いている気がします。お日様の力だったり風の力だったりいずれにしても自然の力で乾かしてもらえるのはありがたいことです。写真は先日いただいたちょっと小ぶりの大根。大きな葉っぱとのバランスが面白くてパチリ。寒くなってきたこの時期ありがたいいただきものです。

2021年11月8日

霜月に 吹くこの風や 木枯らしか

前の記事

日日是今帳…11月3日

次の記事

日日是今帳…11月15日