日日是今帳…4月21日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝の犬の散歩で白鷺を見かけました。田植えの準備で水をひきだした田んぼで餌を探している様子でした。いつもは水が無い水路にも透明な水が勢いよく流れています。今週末から連休の頃にこの辺りの田植えが行われます。越して来て16回目の春ですが、年々稲を育てる田んぼが少なくなり、今年は稲から麦に作り替えた場所もいくつかありました。残念な感じではありますが、それだけ稲作にかかる労力は大変なのだろうなと思います。今日の気がつけば咲いていたシリーズはコデマリ。昨日撮ったものですが、今日と同じように風が吹いていたので枝がユサユサ。写真がブレていたらそれは風の仕業です(笑)漢字でかくと小手鞠。昨日の躑躅よりはわかりやすい文字なので、書けなくても読めるシリーズの漢字です。漢字に革が入っているのは、材料を表しているのでしょうね。ちなみにもう一つ小手毬という書き方も。こちらは毛なのでこれも材料なのでしょう。花言葉は『優雅』『上品』『友情』とか。今日も一つお利口になりました(笑)

2021年4月21日

春の風 小手鞠ついて 通り行く 

前の記事

日日是今帳…4月20日

次の記事

日日是今帳…4月22日