日日是今帳…8月17日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝、登校中の子どもたちを見かけました。例年だと、お盆が終わって夏休みもあと二週間。そろそろ宿題がヤバいなぁ。特に自由研究どうしよう!…という頃なのではないでしょうか?私の小学校時代は、六年間その繰り返しでした(笑)そしてもうすぐ夏が終わってしまうぞと焦っているのは、夏の虫たちも同じかもしれません。梅雨時に気をつけるのは足元のカタツムリですが、この時期は庭に落ちた蝉です。昨夜から玄関先でひっくり返っていた蝉を今朝どけようとしたらまだ生きていました。手のひらに載せると木の方に飛んで行きました。ひっくり返った蝉の復活はよくあるのですが、その度この蝉に残された時間はあとどれくらいなのかなと思います。生命力溢れる蝉の声を聴きながら、命の輝きと儚さを想う夏のお昼前です。写真はヒビコレプチ農園の初オクラ。昨日発見しました。大器晩成型の野菜たち頑張ってくれております(笑)

2020年8月17日

地より出で 再び土に 還る蝉

オクラ

前の記事

日日是今帳…8月16日

次の記事

日日是今帳…8月23日