日日是今帳…7月18日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

雨が上がったので朝の犬の散歩に。道や田んぼの畦の草たちの上にはまだ雨が残っていて、薄日の中でキラキラ輝いていました。昨年まで稲を作っていて今年から休耕田になった田んぼも一面の背の低い草に覆われていました。これはこれで美しいのですが、ちょっと寂しい気もします。二日前の今帳で梅雨明け宣言をしたいくらい…と書いたのですが、やはり気象庁の予報通り昨日もしっかり降っておりました。今日も宣言したいくらい。晴れるたびに宣言したら、やがては本物の宣言になるはずです(笑)写真は今朝撮ったナスの花。ここまで来たんだから実もつけて欲しいところです。ナス以外の葉は、畑を始める時に抜いたはずのフキや草たち。野菜たちよりも我が物顔で繁殖中です。肥料なしで草取りもしない超自然農法で、果たしてどこまで成果が出せるのか?ただいま絶賛実験中。決して私がサボっているわけではありません(笑)

2020年7月18日

茄子の花 実の生るを乞い 眺め入る

nasunasu

前の記事

日日是今帳…7月16日

次の記事

日日是今帳…7月24日