日日是今帳…11月22日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

ついこの間まで、暖房器具を使わなくても大丈夫だったのですが、三日前についにガスファンヒーターのスイッチを入れました。パンツの下のスパッツも今朝とうとう解禁。今年は12月まで暖房なしでいけるのでは?と思っていたのですが、冷たい風に負けてしまいました(笑)夕方5時のメロディーが鳴る頃にはもう夜が空を覆い始めて、ちょっと寂しい気分になります。一気に冬っぽくなったなと思ったら、今日は二十四節気の小雪(しょうせつ)でした。これから冬至に向けてますます日が短くなっていくんですね。庭のギボシの葉もすっかり枯れてしまいましたが、春分が過ぎた頃にまた若芽が顔をのぞかせます。時は円を描いているようだ…などと考える小雪の宵です。

2018年11月22日

日の暮れて 小雪(しょうせつ)の宵 もの寂し

ギボシ

前の記事

日日是今帳…11月19日

次の記事

日日是今帳…12月4日