日日是今帳…7月29日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

熟睡している間に台風が通過していました。庭も家も大した被害が無くてありがたいなと思っていたのですが、高田本山駅の近くに住んでいる義父から、夜中から停電が続いていると電話がありました。津市内の広域で停電とのことですが、復旧したのでしょうか。風は収まっていますが断続的に雨が降っているので、まだしばらく気をつけた方が良いかもしれませんね。台風が過ぎ去るのを待っていたかのように、庭のあちこちにカタツムリが出現。その美しい螺旋に見とれてしまいます。カタツムリの螺旋を調べてみると、黄金比、フィボナッチ数列の説明が出てきます。黄金比は美術の時間に習った記憶がありますが、フィボナッチ数列は聞いたことはあるけど難しそう(汗)ただ自然界のあらゆる部分に、その比率が見られるというのはとても神秘的なことで、畏敬の念を感じずにはいられません。カタツムリから自然界の神秘を思う台風明けのお昼のひととき。

2018年7月29日

嵐行き 庭の小枝に かたつむり

かたつむり

前の記事

hibicore今帳…7月28日

次の記事

日日是今帳…10月22日