日日是今帳…6月19日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日はほんの少しお湿りがありましたが、今日は洗濯日和の爽やかなお天気です。ヒビコレ縁台シリーズが続きすぎと思いつつ…本日も同じフレーミングの写真です。甕というのか壺と呼ぶのか分かりませんが、多分常滑焼なのでしょうか?ホームセンターでもよく見る定番の容器です。昨年の2月頃に仕込んだ味噌が一年と4ヶ月ほどの間、この甕の中で眠っておりました。ひと冬越した味噌を昨日初めて使ってみました。まだまだ若い味噌なので、もう少し時間をかけて味わいを深くしたいなと思っています。でも胡瓜につけて食べてみたら、もろキュウみたいでいい感じでした。数年前に仕込んだ味噌がまだ残っているので、それが無くなったら、お味噌汁にと思っています。味噌はたっぷりあったので今年は仕込みませんでしたが、じっくり寝かせることを考えると、来年は仕込もうかなと思っています。味噌に限らず、発酵食品は生き物。微生物の命のエネルギーと時間のコラボでどんなものが出来上がるか?仕込むのは面倒じゃないですかとたずねられることがありますが、手間暇をかけるからこそ楽しめることってあるような気がします。

2017年6月19日

手前味噌 護りし甕も ひと休み

かめ

前の記事

日日是今帳…6月16日

次の記事

日日是今帳…6月21日