日日是今帳…3月19日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

前回の投稿が3月9日だったので、10日ぶりの投稿です。その間に周囲はどんどん春めいてきました。9日に「小さい春みつけた〜♫」と書いていましたが、今ではつくしがグングン伸び、梅の花が散り始めるのを待っていたかのように桜の蕾が色づき始め、小学校の卒業式が終わり、お彼岸に入り…「春ですよ!春ですよ!もう小さな春じゃなくて大きな春が来ましたよ〜」と自然が歌っているようです。そして音で春の訪れを告げてくれるのがウグイス。今朝も美しい声が聴こえていました。その声を聴くと、自分が深い森の中にいるような気分になれます。春先から夏までウグイスの鳴き声は聴こえていますが、時期によって声が変わります。そんなことを楽しめるのも里山暮らしの魅力です。写真はお友だちが作ってくれたミモザのリース。ヒビコレ玄関がぐんと春らしくなりました。

2017年3月19日

ミモザの黄 古き土間にも 春を呼び

ミモザ

前の記事

日日是今帳…3月9日

次の記事

日日是今帳…3月21日