日日是今帳…12月30日

古民家Hibicoreの女将の『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

暖かく晴れ渡った昨日とは打って変わり、今降ってはいないものの時雨でも来そうな空模様です。昨日は外に居てもあまり寒さを感じない餅つき日和でした。美里の『サルシカ基地』と亀山の『月の庭』の餅つきを梯子。さすがに亀山はつき終わっていましたが、外かまどの火に当たりながらおしゃべりを楽しんできました。大勢が参加するお餅つきでは、いろんな味のお餅がいただけるのがいいですね。定番の味と新しい味をお腹いっぱいいただきました。今日の写真は石臼。一度だけHibicoreの餅つきで活躍したものの木の臼に主役の座を奪われて、物置の隅に眠っていましたが、この秋に庭のオブジェとして復活。昨日の朝の写真ですが、薄氷が張っていました。もみじの落ち葉がたまっているので、琥珀色のゼリーの様です。黒糖味?紅茶味?いずれにしても食べきれないサイズです(笑)

2016年12月30日

石臼に 氷の張りて 誰滑る

氷

前の記事

日日是今帳…12月28日

次の記事

日日是今帳…12月31日