日日是今帳…6月18日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日は急遽名古屋駅近くのシネマスコーレまで映画を観に行きました。映画の存在を知ったのがその前日で、名古屋での上映は昨日が最終。昨日行くという選択しかありませんでした。そして一日一回きりのその映画の上映スタートは午前10時。朝のラッシュ時に里山から名古屋に行くので珍しく早起きをして頑張りました(笑)環境再生医といわれる矢野智徳さんの活動を記録した『杜人』というドキュメンタリー映画です。空気と水が循環させることで疲弊した大地を甦らせることができるという理念を持ち全国で活躍されています。道具はスコップや鎌、鍬など身近にあるもので、また伐採した木の枝はや竹などそこにあるものを材料として使用するので、誰でも家の周辺の環境を整えることができる方法を伝えています。映画を観ながらヒビコレの環境整備のヒントだらけや~!と思いました。写真は森化しているヒビコレ庭の一角ですが、ここだけでもやること満載かも(汗)大地の血液である水と呼吸である空気の通りをいかに良くするかが大切なようです。少し前までよくモグラが庭に穴を空けていましたが、たぶんあれも空気の通り道を作ってくれていたのかもしれません。モグラの土木工事に感謝です(笑)

2022年6月18日

梅雨曇り ひんやり纏う 水の風

前の記事

日日是今帳…6月16日

次の記事

日日是今帳…6月19日