日日是今帳…6月16日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

久しぶりに裏庭に干した洗濯物を眺めながら今帳を綴っています。朝、一瞬光が射したので思い切って干したのですがまさに一瞬でした。今は灰色の雲に覆われています。時折風でユラユラ揺れる洗濯物。こうなったら風のエネルギーで乾かしてもらいたいと思うのですが、そよ風にもならない微風です(汗)このところ洗濯ネタが多い気がしますが、目の前に見えているのでついつい(笑)今日の写真は昨日撮影したクチナシの花。この樹の存在に気付いたのは二年位前。庭の奥の方に生えているというのもありますが、ほとんど花を付けなかったからかもしれません。ある時、実が付いているのを見つけてクチナシの樹があったのかと思った記憶があります。昨年白樫の樹たちを大きく剪定して光が入るようになったので、今年はどの花も多く咲いたのかもしれません。クチナシの花がたくさん咲いたな~とルンルン気分で散歩にでかけたのですが、いつもと違うルートを通ったらクチナシのあるお庭がありました。その樹はヒビコレ庭の樹の十倍、いえ何十倍?という花を咲かせていました。どうやらヒビコレの樹々は住人に似て奥ゆかしいようですね(笑)

2022年6月16日

雨受けて 白磁の如き 梔子(くちなし)や

前の記事

日日是今帳…6月15日

次の記事

日日是今帳…6月18日