日日是今帳…6月11日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

毎年夏になると草むしり中にブトに刺されます。ググってみたところブユらしくブヨやブトという呼び方もあるとのこと。ワードの漢字変換ではブユとブヨでは蚋と出てきますが、ブトでは変換されないのでブトはマイナーなのでしょうか?でも関西地方ではブトと呼ぶとも書いてありました。毎年のことなのでネット付き帽子を被って対策するのですが、首元の隙間から侵入したのか顔を二、三ヵ所刺されました。なぜか目の周りを刺されるので数日間、お岩さんのような顔になります(涙)いつも自然に治癒していきますが、虫よけスプレーとかちゃんと対策した方がよいですね。蚊取り線香も焚いておけばよかったかなぁ(汗)さて虫刺されのお話はこれくらいにして今日の写真にまいりましょう。玄関横のヒメシャラです。これまでの今帳でも何度か登場しましたが、樹の上の方に花がつくのでいつもご紹介するのは敷石に落ちた花でした。ところが今年は昨日アップした紫陽花と同じく花数が多くて、白い花をたくさん見ることができます。漢字で書くと姫沙羅。お釈迦様が入滅した場所にあったとされる沙羅双樹の親戚でしょうか?と思い調べたら日本では育たないので夏椿を沙羅と名付けたらしいです。親戚ではなかったけど樹の下で瞑想でもしてみようかな。でもこの時期だと万全な虫除け対策が必要ですね(笑)

2022年6月11日

沙羅の名に 遠き異国の 地を想う

前の記事

日日是今帳…6月10日

次の記事

日日是今帳…6月12日