日日是今帳…2月22日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

今朝、氷の張り方が面白かったのでアップしようと今帳を書き始めて気づいたのですが、なんと前回のアップが12日で10日も経っていてびっくりしました。あと一週間もすれば3月。もう春間近なんですね。とはいうものの先週から寒い日々が続いています。昨日の朝は薄っすらと雪景色で、今日は散歩道に霜柱が立っていてギュッギュッと子どもの頃の懐かしい感覚を思い出しながら歩きました。半世紀前のことですが、冬の通学路には霜柱があったり水たまりに氷が張っていたりすることが多かったので、見つけては氷を踏み割って歩いたものです。そういえばまだ未舗装だった道には窪みに練炭の燃えカスが捨ててあったのを思い出しました。絵にかいたような昭和の情景です(笑)写真は風が作ったアート作品?氷の中に何本かの立体的な筋ができていました。どうしたらこんな風に氷が張るのか?隠し撮りして観てみたいものです。

2022年2月22日

薄氷 幼心を 思い出し

前の記事

日日是今帳…2月12

次の記事

日日是今帳…2月28日