日日是今帳…9月

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

8月が終わりました。今、広報スピーカーから災害に備えるようにとのアナウンスがありました。防災の日の今日は曇りのお天気。昨日は日除けで活躍したパラソルも今日は季節外れのビーチのように寂し気。8月の終わりにお世話になった恩師が旅立たれました。学校の先生ではありませんが、大学を出た22歳の時からたくさんの大切なことを教えていただきました。今の友人の多くはその恩師を介して知り合いました。その恩師に出会わなかったらパートナーと今の家庭を築くことはできなかったかもしれません。小説も教わったことをベースに書くことができたのだと思います。あまりにも突然のお別れだったのでまだ実感が湧かないというのが正直なところです。教わったことを礎としてこれから自分自身がどう生きていくかが、私にできる恩返しなのだと思っています。一日一日、一瞬一瞬を大切に生きようと改めて思いました。日日是奇跡。今こうして今帳を綴ることができることに感謝です。

2021年9月1日

九月来て 庭のパラソル 寂し気で

前の記事

日日是今帳…8月29日

次の記事

日日是今帳…9月5日