日日是今帳…4月10日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

年明けから伐採してもらっていた山積みの枝が程よく枯れてきたので、先月末から時間を見つけては枝と葉を分けています。枝は適当な長さに揃えて乾燥させ、行く行くはピザ窯や外かまどの燃料に使用し、葉は軽トラに積んでごみ処理施設に持って行く予定。ハサミを使うと手間なので手でバキバキと。もともと立派な二の腕がますますたくましくなりそうです(汗)今日は午前と夕方に作業をしましたが、外仕事には最高の季節。暑くも寒くもなく、まだ虫もあまりいません。単調な作業ですが、他の介在がない自分だけで思考する時間が過ごせるのが面白いと思います。誰かと話すとか、テレビやラジオそしてスマホや書籍といった媒体を通じて何かを思考するのではない時間は、なかなか日常で持てないような気がします。カッコよく言うと動の瞑想。実際は頭の中をどうでも良いことがグルグル回っているのですが(笑)写真は庭のシダ。若い葉と枯れた葉が混在しています。三世帯の同居でしょうか?

2021年4月10日

ひとり居る 時間楽しむ 外仕事

前の記事

日日是今帳…4月9日

次の記事

日日是今帳…4月12日