日日是今帳…5月21日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

どうぞどうぞ。思いっ切り外仕事をしてくださいと言わんばかりのお天気です。このところほぼ外にいて、日が沈んだら家の中に入るという感じです。これまでの人生でこれほど外にいる日々が続いたことはありませんが、案外性に合っているのかもしれません。とは言うものの朝のスタートがとても遅いので、日が昇るとともに起きて、日が沈むまで働いた昔の人に比べたら何分の一も働いていませんが(笑)写真は先日の雨で水が溜まった石臼。落ち葉もしっかり溜まっていますが、最近落ちた若い葉がアクセントになってなんだかいい構図に。枝越しの空も少し映り込んで丸い水鏡になっています。戸隠の鏡池を訪れたことがありますが、晴れた空と山の姿がきれいに映っていました。この時期は田んぼも水鏡になっています。さざ波が立ったら映し出されるものも歪んでしまうので、自分の心の鏡も波の立たぬようにと思うのですが、大波小波に揺れることの多々ある日々。水鏡よりは銅鏡の方が心の鏡には良いかもしれません(笑)

2020年5月21日

石臼の 底に空見る 水鏡

水鏡

前の記事

日日是今帳…5月20日

次の記事

日日是今帳…5月23日