日日是今帳…4月25日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

そうそう。これでなくちゃ!という四月下旬の理想のお天気。外仕事がしたくてお昼までちょっとと木の手入れを始めたら、気づけば一時を回っていました。寝食を忘れて没頭できそう。寝るのは好きなので忘れられるのは食だけですが(笑)木のことも書きたいのですが、今日は旬のタケノコで。ありがたいことにこの十日足らずの間に、友だちや町内のおじさまからタケノコを三回いただきました。立派なものを一度に三本いただき、納屋から大鍋を出して二つ鍋体制でグツグツ。越して来た最初の頃は、ネットで調べて皮付きのまま茹でていましたがいつの頃からか皮を剥いでから茹でるようになっていました。皮の剥ぎ方もどんどん進化して、今は厚い皮を二、三枚剥いだらタケノコの頂点を想像して頭をカット。それを縦割りにすると残りの皮が簡単に外れます。頂点の見定めを失敗すると、写真のタケノコのようにちょっと残念な形になります(涙)皮の衣をまとったタケノコの中身を透視して、ちょうど良い部分をカットできるようになるには、まだまだ修行が必要なようです(笑)

2020年4月25日

大鍋の ぬか風呂に入る 筍や

takenoko

前の記事

日日是今帳…4月24日

次の記事

日日是今帳…4月26日