日日是今帳…2月22日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

やはり一気に春には向かわないようで、今日はちょっと寒々しいお天気に逆戻り。それでも散歩道のあちらこちらに春の兆しを見つけられます。茶系一色だった道端に小さなピンクの花、田んぼの畦に紫の花。そして家々の庭先の梅は満開を迎えています。このところフキノトウの食いしん坊ネタが続いたので、今日は食べられない植物ネタで(笑)栗拾いの時期くらいしかゆっくり観察しない裏庭にスポットを当ててみました。今日の写真は宝石のような赤い実です。ハート型の葉の植物ですが名前は知りません。ネットでサクッと調べてみたのですが、似たようなのがたくさんあって断念。赤い実の存在には気づいていましたが、写真を撮ってみて初めてどの植物のものなのか判明しました。十数年ボーッと見てたんですね(笑)赤い宝石はルビーしか思いつかないので、ヒビコレ命名はルビーの実。よく見るとプチプチと美味しそうなんです。もしかしたら食べられるんじゃないかなぁと思ったり。結局食いしん坊ネタになってしまいました(笑)

2020年2月22日

名も知らぬ 赤き実愛(め)でつ 春を待つ

ルビーの実

前の記事

日日是今帳…2月21日

次の記事

日日是今帳…2月23日