日日是今帳…2月19日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳

まずは前回の投稿のフキノトウのその後について。全部集めても握りこぶし大の量しかなかったので、味噌にするのはやめて天ぷらにしました。家で揚げ物をするのは年に数回もなく、山菜が手に入った時か大量のサツマイモを消費したい時くらい。その貴重な揚げ物の日なので、ついでに芋天と十数年ぶりに鶏の唐揚げも。片栗粉の衣をつけただけのフキノトウを塩でいただき、早春を味わいました。そして今日は天ぷらではなく、庭の苔の写真。ヒビコレ尾瀬の状況は先日の投稿の写真と変わらずです。もしかしたら水脈があるのかも?それで庭ビッシリと苔が生えるのかもしれません。こうなったらその湿潤たる土地に適した植物を育ててみようかななどと妄想中。シダだらけのヒビコレジュラシックパークになるかもしれません。乞うご期待(笑)

2020年2月19日

我が庭も 千代に八千代に 苔のむす

こけこけ

前の記事

日日是今帳…2月18日

次の記事

日日是今帳…2月21日