日日是今帳…1月23日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨夕からの雨がお昼近くになってもシトシトシト。20日の大寒から立春の頃が一年で一番寒い時ということなので、この時期は雨ではなく雪が降ってもおかしくないのですが、そんな気配はありません。出かけることを考えると雪でない方がありがたいのですが、15年前に越してきた頃はスタッドレスを履いていないと動けない雪の日が何回かあったので、ちょっと拍子抜けしてしまいます。一面が真っ白になり、車の轍の音も吸い込まれていく不思議な感覚の雪景色をこの冬は見られるでしょうか?写真は雨に濡れた庭の植物たち。赤珊瑚の珠のように輝く万両。1月の誕生石はガーネットで別名は紅柘榴石(べにざくろいし)らしいので、珊瑚よりガーネットかな?(笑)ツワブキやシダもツヤツヤと美しい光沢を放っています。雨もまた良しということで、今日も好日。

2020年1月23日

万両が 雫まといて 紅柘榴

赤い宝石

前の記事

日日是今帳…1月22日

次の記事

日日是今帳…1月24日