日日是今帳…9月12日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

9日の朝、台風明けの庭の高砂百合をパチリ。重陽の節句でもあったので今帳をアップしようとしたのですが、何度トライしてもPCがスマホの写真を読み取ってくれなかったので断念。菊の節句だったので、百合ではなく菊の花をアップしろということだったのでしょうか?(笑)台風の置き土産なのか真夏の再来を思わせる蒸し暑い日々が続いていましたが、昨夕の雨が上がってから、涼やかな空気に変わりました。洗濯を干しながら爽やかな風を感じると、それだけで『あ〜。幸せ〜』という気分に。猛暑だったり、極寒だったりと様々な気候の中で暮らさなければならない日本ですが、こんな日はただここに居るということに幸せを感じられたり…。四季がある日本ならではの体感であり、この心地良いしかしなんてことのない小さな瞬間は、実は素敵な記憶の宝物だったりするのでは?と思ったリする長月の昼下がり。

2019年9月12日

長月に ただ吹く風の 心地良く

yuri

次の記事

日日是今帳…9月30日