hibicore今帳…7月28日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝少し降っていた雨もお昼前の今は止んでおり風も無くて、今日本当に台風が来るのかな?という感じですが、予報ではこの辺りを通る様なので気をつけなければいけませんね。とりあえず縁台に出しっぱなしだった道具類だけ片付けました。先週から庭の樹を伐り始めました。まだ途中ですがずいぶん風通しが良くなり、庭に光が射す様になりました。樹を伐ってから初めての台風。風が吹いてみないとわかりませんが、もしかしたら少しは防風林の役割を果たしてくれていたのかもしれません。樹々の葉は庭に叩きつけるの雨の力をゆるめてくれて、その根で保水をしてくれて…。小さな庭一つとっても樹々たちの恩恵を受けています。もっと大きな世界でも私たちはそんな恩恵を受けながら日々をつないでいるのだと思います。今回、家を守るために樹を伐っています。しかしヒビコレの庭の樹々たちもまた多くの命が宿る家。むやみに伐るのはその棲家を奪ってしまうことになるので、伐るのは必要最低限でと考えています。写真は高さを抑えたシャラの樹にちょこんと座っている蛙さん。種類が違う様に見えるのですが、お友だちなのかな?

2018年7月28日

夏庭の 払いし幹に 蛙座す

kaerukaeru

次の記事

日日是今帳…7月29日