日日是今帳…10月4日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

朝、家の中にいると、外から『ヒュウルル』という風の音が聴こえてきました。春も夏も強い風が吹く日はあります。しかし『ゴー』とか『ビューッ』とか『ザーッ』という音がしても、『ヒュウルル』という音は聴かないような気がします。この秋初めての『ヒュウルル』風。冷たい音だ〜と思うのは私だけでしょうか。それにしてもこの音を擬音表記した人はすごいな〜と思います(笑)さて、今日は中秋の名月。昨夜は美しい月を見ることができましたが、今夜はどうでしょうか?写真はヒビコレ入り口のススキです。もう少し穂が開くと趣のある写真になったかなという感じですが…。ススキというと吉田拓郎氏の歌が浮かんできます。これも何歳までの人なんだろう?(笑)尾花とも呼ばれ『幽霊の正体見たり枯尾花』という諺に『昭和かれすすき』という歌など、なんだか寂しいイメージもあるりますが、曽爾高原に広がる銀色のススキの野に見られるように、群生するととても美しいですよね。久しぶりに夕陽に輝くススキを見に行きたくなりました。

2017年10月5日

名月を 待ちて昼より 空仰ぐ

すすき家

前の記事

日日是今帳…10月3日

次の記事

日日是今帳…10月9日