日日是今帳…5月11日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

曇り空の下、洗濯物を干していると樹の上からウグイスの透き通った鳴き声が聴こえてきました。少し湿った空気の中でその声を聴くと、自分が深い森の中に居るような感覚になります。里山に住み始めるまでは知りませんでしたが、ウグイスは春より初夏から夏にかけて活発に鳴くようです。家の周りのピンポイント観察の結果ではありますが(笑)春先は、ホヘヒョ、ヘキョとあまり上手とは言えない鳴き方ですが、夏に向かって声が通るようになり、ホーホケキョというお馴染みの歌を披露してくれます。ふと、ウグイスの季語は春?と思って調べたら、冬、春、夏の三つの季節で使えるようです。俳句に詳しくないので、使い分けのルールは知りません(汗)写真はこぼれ種で育ったらしい萩。カラカラに枯れても毎年新しく生まれてくる…やっぱり植物は不思議です。

2017年5月11日

薫風が 鶯(うぐいす)の歌 聴きに来る

萩

 

前の記事

日日是今帳…5月10日

次の記事

日日是今帳…5月14日