日日是今帳…4月27日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

昨日の雨は上がり、雲の切れ間から青空が顔をのぞかせているのですが、なんとも風の強い朝。季節が逆戻りしたような冷たい風が襟元をひゅ〜っと…犬を急かして散歩を終えました。冬の間は毎日ハイネックの洋服でしたが、4月に入り着なくなりました。タートルネックとも呼ばれるハイネックですが、子どもの頃はとっくりと呼んでいました。タートルは亀の首のようなラインに由来していますが、とっくりはお酒の徳利に似ていることから付けられたそうです。若い世代にはとっくりセーターの意味がわからないらしいですが、なかなかセンスのあるネーミングのような気がします(笑)写真は数年以上鉢の中で育っている梅の樹とどんぐりの樹。毎年枯れ枝のようになるのですが、春には新しい緑が芽生えてきます。同じ樹ですが、そこに繁るのは昨年とは違う葉。自然も言葉も移り変わっていく。変わっていくということが、生きていることなのかもしれません…と、ちょっぴり哲学的な春の朝です。

2017年4月27日

冷たさに とっくり恋し 四月風

ヒビコレ椅子

前の記事

日日是今帳…4月24日

次の記事

日日是今帳…4月28日