日日是今帳…3月21日

古民家Hibicoreの女将が『ずれずれなるままに』今日の『ウタ』を綴る『日日是今帳』

久しぶりの雨。シトシトと降る音に春の雨だなぁ…と思ったりするのですが、本当に冬の雨と春の雨の音が違うのか?もう春だからと思いながら聴いているから、違って感じるのか?本当のところは分かりませんが、「今日の雨は春の音」と思って聴く方が世界が広がるような気がします(笑)写真は先週の晴れた日に、散歩途中で近所のおばあさまにいただいたネギ。里山で畑を耕さない暮らしをしていると、季節の野菜をよくいただきます。こちらはいただくばかりで、なかなかお返しをすることができません(汗)いただきものに限らず、受けた恩を直接その相手にお返しできないことは多々あります。そんな時、「恩送り」という言葉が浮かびます。受けた恩をまた誰かに繋いでいくという考え。恩送りが美しく繋がっていけば、世界はとても住み良いところになるでしょうね。映画「ペイフォワード可能の王国」もそんな世界を描いた作品でしたね。

2017年3月21日

春分けて 雨音優し 窓の外

ねぎ

前の記事

日日是今帳…3月19日

次の記事

日日是今帳…3月25日